パチスロ おすすめ

最終更新日:2023/7/5

日本発条(株)(ニッパツ)

  • 正社員
  • 上場企業

業種

  • 自動車・自動車部品
  • 非鉄金属
  • 金属製品
  • 半導体・電子・電気機器
  • 精密機器

基本情報

本社
神奈川県
資本金
170億957万円
売上高
[連結]5,869億300万円 [単独]2,578億9,500万円  ※ともに2022年3月期実績
従業員
[連結]21,082名  [単独]5,131名  ※臨時従業員を含む ※ともに2022年3月末現在
募集人数
51~100名

ばねから広がるものづくり。

キーパーツのプロ。=ものづくりのプロ。 (2023/07/05更新)

PHOTO

ニッパツは皆さんの積極的なエントリーをお待ちしています!
説明会も随時開催していますので、少しでも興味がある方は気軽に覗いてみてください!



"ばね"とは、弾性や変形によるエネルギーを利用するモノ全てを指します。
ノック式ボールペンのばねや車のサスペンションとして道路からの衝撃を吸収するばねだけでなく、ボールに当たる瞬間のしなりでボールを飛ばしていく野球のバットでさえもばねなのです。

ばねは多くの場合、モノの運動を制御するために使用されます。
そのためには、ばねは硬すぎでも、柔らかすぎてもいけない。
その上、様々な仕様環境に耐えるだけの耐久性が求められる。
だからこそ、ばねのようなキーパーツを作り出すことは難易度が高いが、そこで培える技術も高いのです。

ニッパツは"ばね"の事業で培った高い技術力を応用し、
時代に合わせて様々な製品の開発を進めてきた。
その結果、現在では自動車分野を中心に、生活産業分野・情報通信分野と
幅広い事業を手掛けています。

また、会社として技術に対して積極的なだけでなく、
個人として与えられる裁量も大きいからこそ、
1人ひとりの社員がモノづくりのプロとして働ける環境があります。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
創業以来80年間経常赤字なし!世界トップのばねメーカー
PHOTO
世界シェアトップクラス!自動車の乗り心地や走行安定性を高める「自動車用懸架ばね」

キーパーツで社会を支えませんか?

PHOTO

電気自動車に使われるモーターコア

日本の主要な産業の1つである自動車業界は現在、100年に一度の大変革期と言われています。

5GやAIの技術、電動化の技術が進化すれば、今までとは全く違う自動車が生まれます。走る・曲がる・止まるという基本的な性能だけでなく、自動運転や電動化に代表される、CASEが実現していきます。

製品が変われば、必要とされる技術も変わります。
AIやIoTがより高度になる一方で、必要性が小さくなる技術もあります。

たとえば、自動車の電動化が進めば、エンジンの代わりにモーターが必要です。
約25000ある自動車部品のうち、約4000を占めるキーパーツであるばねの中には、エンジンに用いられるものもありますが、新たにモーターに用いられる部品もあります。

キーパーツを扱っているからこそ、ニッパツは自社の技術を応用させ、作り出す製品を変化させることができるのです。これがニッパツが必要とされ続け、創業から80年間経常赤字なしで経営できている理由でもあります。

会社データ

プロフィール

■創立80年以上、世界トップシェアを誇るばねメーカー
衝撃を和らげたり、動いたものを元に戻したり、一定の位置に保ったり、あらゆる機器が最低限必要な機能を果たすのに「ばね」の存在は欠かせません。

私たちニッパツには創立以来、大切にし続けてきた3つの社訓があります。

<躍進のニッパツ>
ニッパツは企業として、躍進を続け社会の役に立ち続けるという想いがあります。
ニッパツにしかできないモノやサービス、あるいは他社よりも上手く・広く・長く提供することで世の中に新たな価値を生み出していきます。この考えがあるからこそ、ばねの技術をベースにしたキーパーツメーカーとしてこれからも成長し続けて行きます。

<根性のニッパツ>
一度やると決めたことに責任を持ち、最後までやり抜くことを大切にしています。
開発・設計・製造と製品の全ての工程に責任を持ち、お客様からのご要望で急な変更があったとしても、いただいた仕事をやり抜きます。この姿勢があるからこそ、独立系のニッパツはお客様との強い信頼関係が構築できているのです。

<みんなのニッパツ>
会社は会社に関わる全ての人のものであるという考え方です。
会社は株主や社員、お客様だけでなく、一般の人も含めた全ての人のためのものです。会社としての社会的責任を果たし、全ての人に信頼される会社でありたいという想いが込められています。

事業内容
自動車に用いられるばねの事業から始まったニッパツはその技術を磨き、応用し続けることで、事業の幅を広げてきました。
ニッパツが扱うばねの中には、思い浮かびやすいばねだけでなく、ゴルフクラブや金属バットなどの”ばね特性”を利用した製品もあります。

ばねの事業を通して培ったのは、熱処理と塑性加工の技術を応用させた精密な加工技術。特に精密な製品を量産できることはニッパツの技術の大きな強みです。

現在では、国内シェアNo.1の製品だけでなく、世界No.1シェアの製品も扱っています!


■自動車分野
 ・コイルばね、スタビライザなどサスペンション用ばねおよび関連製品
 ・バルブスプリングなどのエンジン関連製品、パワートレイン関連製品 
 ・シート/内外装関連製品 など
■情報通信分野
 ・HDD用サスペンション、HDD用機構部品
 ・線ばね/薄板ばねなどの精密ばね
 ・液晶・半導体検査用プローブユニット
 ・アルミ、鉄、銅などの各種金属ベースプリント配線板 など
■産業・生活分野
 ・機械式立体駐車装置
 ・機械認識ホログラムシステムなどの偽造防止関連製品
 ・ゴルフクラブ、金属バット
 ・その他産業用ばねおよび関連製品 など


★シェアトップクラスの製品
 【世界】
  ・自動車の乗り心地と操縦安定性を高める自動車用懸架ばね
  ・ハイブリット車の燃費を向上させるアキュムレータ
  ・自動車や通信機器などの役割に応じて加工された線ばね・薄板ばね
  ・磁気ディスクに使用されるHDD用サスペンション
 【国内】
  ・電車の架線を支え、たるみをなくす「テンションバランサ」

PHOTO

約25,000ある自動車部品のうち、"ばね"は約4,000を占める。

本社郵便番号 236-0004
本社所在地 神奈川県横浜市金沢区福浦3-10
本社電話番号 045-786-7518
人事直通電話番号 045-786-7518
創立 1939年(昭和14年)9月
資本金 170億957万円
従業員 [連結]21,082名  [単独]5,131名 
※臨時従業員を含む ※ともに2022年3月末現在
売上高 [連結]5,869億300万円 [単独]2,578億9,500万円 
※ともに2022年3月期実績
経常利益 [連結]306億7,400万円  [単独]282億8,300万円
※ともに2022年3月期実績
代表者 代表取締役社長 茅本隆司
事業所 ニッパツでは1963年にタイに進出して以降、アジア、米国、欧州などに積極的に生産・販売拠点を展開し、グローバル化を推し進めてきました。
その事業フィールドは、国境を大きく越え、世界中に及びます(海外に関連会社35社)。

【本社】
横浜(横浜市金沢区福浦3-10)
【工場】
横浜/厚木/伊勢原/群馬/伊那/駒ヶ根/宮田/豊田/滋賀/野洲
【国内支店】
横浜/北関東/浜松/名古屋/大阪/広島/福岡
主要取引先 (順不同)いすゞ自動車(株)、スズキ(株)、 ダイハツ工業(株)、 トヨタ自動車(株)、 日産自動車(株)、 日野自動車(株)、 (株)SUBARU、 本田技研工業(株)、 マツダ(株)、 三菱自動車工業(株)、 三菱ふそうトラック・バス(株)、 UDトラックス(株)、 ウェスタンデジタルコーポレーション、 キヤノングループ、 シーゲイトテクノロジーコーポレーション、 ALSOK、 東京エレクトロン(株)、 東芝グループ、 日立グループ、 三菱電機グループ
沿革
  • 1939年
    • 日本発条(株)創立。資本金150万円。
  • 1940年
    • 横浜工場操業開始。(横浜市磯子区)
  • 1962年
    • アメリカのロックウェル社とシートスプリング製造に関する技術援助契約締結。
      シート川崎工場を新設。
  • 1963年
    • タイに合弁会社日本発条(泰国)有限公司を設立。
  • 1970年
    • 産機厚木工場を新設。
      精密厚木工場を新設。(川崎より移転)
  • 1973年
    • 滋賀工場を新設。
  • 1976年
    • アメリカにNHKインターナショナル(株)を設立。
  • 1980年
    • スペインに合弁会社エグスキア-NHK(株)を設立。
  • 1994年
    • マレーシアにNHKマニュファクチャリング(マレーシア)(株)を設立。
      タイに合弁会社日発精密(泰国)有限公司を設立。
  • 2000年
    • DDS駒ヶ根工場発足。
  • 2004年
    • 中国に合弁会社日發科技有限公司を設立。
  • 2005年
    • NHK-アソシエイテッド スプリング サスペンション コンポーネンツ(株)を完全子会社化し、社名をNHK オブ アメリカ サスペンション コンポーネンツ(株)に変更。
  • 2007年
    • タイ オートモーティブ シーティング&インテリア社の株式をトヨタ紡織へ売却。
  • 2009年
    • 東京分館と横浜分室を統合し、横浜みなとみらい分館を新設・移転。
  • 2011年
    • インドにNHKオートモーティブコンポーネンツインディア(有)を設立。
      中国に地域本社日発投資有限公司を設立。
  • 2012年
    • 日発販売とトープラを完全子会社化。
      中国に鄭州日発汽車零部件有限公司を設立。
  • 2013年
    • メキシコにニッパツメキシコ(株)を設立。
  • 2014年
    • オランダに日本発条(欧州)(株)を設立。
      ニッパツ九州(株)を設立。
  • 2015年
    • ハンガリーにNHKスプリングハンガリー(有)を設立。
      中国の日発科技(NAT)を完全子会社化。
  • 2016年
    • インドネシアに日本発条・ケービーユー・シーティング(株)を設立。
  • 2017年
    • ニッパツ水島(株)を設立。
  • 2019年
    • 長野県上伊那郡に宮田工場を新設。
  • 2019年
    • 創立80周年。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 15.2年
    2021年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 19.5日
    2021年度

社内制度

研修制度 制度あり
■階層別研修
入社後1カ月間の新入社員研修をはじめ、キャリアアップに応じて身に着けていただきたい能力の開発を支援します。
Junior:新入社員研修・管理会計講座・コミュニケーション能力強化講座・思考力強化講座など
Professional:新任主任研修・ビジネスキャリアステップアップ講座など
Business Leader:新任基幹職研修・競争戦略基礎講座・育成力強化講座など

■専門研修
業務に必要、あるいは幅を広げるのに役立てていただく自由選択の講座を、随時開催しています。
海外トレーニー制度・設計図基礎講座・知的財産講座・設計最適化法講座など

採用実績

採用実績(学校)

<大学>
愛知大学、愛知淑徳大学、青山学院大学、愛媛大学、大阪大学、大阪市立大学、香川大学、鹿児島大学、神奈川大学、神奈川工科大学、金沢工業大学、関西大学、関西学院大学、関東学院大学、北見工業大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、群馬大学、慶應義塾大学、工学院大学、神戸大学、國學院大學、佐賀大学、滋賀県立大学、芝浦工業大学、首都大学東京、信州大学、上智大学、成蹊大学、拓殖大学、千葉大学、千葉工業大学、中央大学、中京大学、筑波大学、津田塾大学、電気通信大学、東海大学、東京工科大学、東京工業大学、東京電機大学、東京都市大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、鳥取大学、豊田工業大学、同志社大学、獨協大学、長岡技術科学大学、長崎大学、名古屋大学、名古屋工業大学、名古屋商科大学、南山大学、日本大学、兵庫県立大学、弘前大学、広島大学、法政大学、北海道大学、宮崎大学、室蘭工業大学、明治大学、名城大学、山口大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立教大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学、龍谷大学、早稲田大学

採用実績(人数)            19年度 20年度 21年度 22年度
■技術系総合職    56名  48名  36名  48名
■事務系総合職    33名  21名  15名  18名
■計         89名  69名  51名  66名

QRコード

QRコード

//almanaquedelospirineos.com/24/pc/search/corp417/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。

日本発条(株)(ニッパツ)と業種や本社が同じ企業を探す。
日本発条(株)(ニッパツ)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. 日本発条(株)(ニッパツ)の会社概要